土佐商事BLOG|大阪・関西で土地活用|起業・大阪同友会

大阪・関西でコインパーキング・トランクルーム等の企画開発をいたします土佐商事の代表BLOGです

貸主様の不安

ご支援下さる方々のお陰様を持ちまして、弊社も間もなく四期目の事業年度に入ります。

会社としてはまだまだ新人ですが、ゼロスタートから立ち上げさせて頂きまして、取引先様・管理物件・関与物件は順調に増えてまいりました。大変ありがたく思います。

改めまして、御礼申し上げます。

 

 

さて。。。

取引先や物件が増えるに従い、比例して増えていくものがあります。

売上?

それだけだと嬉しいのですが、今回は『コインパーキングにおけるクレーム』について少し書かせていただきます。

クレームと言いましても、パーキング利用者様からのクレーム、、、

例えば「領収書が出てこない」

「料金を支払ったのに板が下がらない(出庫できない)」

という利用者サイドからのクレームではなく、土地所有者=貸主様からのクレームについてです。

 

 

弊社が開発に携わらせて頂くパーキングについては、借主様=パーキング運営会社の協力会社として、弊社も管理に入ります。

その中で最も多いクレームは、ゴミの問題です。

 

 

コインパーキングは基本的に無人です。

現場に人員を置くことなく、機械が仕事をしてくれるのがコインパーキングの特長で一番のメリットなのですが、無人であるが故に場内の監視体制が万全とは言えません。

心ない利用者がゴミを不法投棄するのを未然に防ぐことは、極めて困難なことです。

 

 

貸主様(土地所有者)がこの点に不安を感じられるのは当然のことで、パーキングの管理体制についてご質問を頂くことが大変多いです。

基本無人とは言え、パーキングの運営には実は沢山の人員が関わっています。

機器メンテナンス・集金・緊急出動(機器故障時)、そして清掃などです。

 

 

現場の規模・売上等にもよりますが、少なくとも一ヶ月に数回は何らかの形で人員を派遣しており、その都度清掃は実施いたしますが、それでも追いつかない場合もあり、貸主様からクレームを受けることが現実にあります。

 

 

ゴミの問題は氷山の一角で、清掃が行き届いていないということはパーキングの運営そのものがずさんなのでは?と不安を持たれる貸主様もおられる中、弊社も何か良い対策ができないか検討しているところです。

 

 

パーキングの利用者様にも、近隣の方々にも、そして土地を貸し出して下さる貸主様にも喜んで頂けるパーキングの企画開発が弊社の使命ですので、来期力を入れて取り組むべき課題と考えております。

 

 

【遊休地活用・再生プロデュース】 
 土 佐 商 事 合 同 会 社
 大阪市旭区今市1丁目12-23
 TEL.06-7174-1535
 FAX.050-3730-9920
 ホームページ  http://tosashoji.net/

f:id:tosa1015:20170426170658j:plain