読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土佐商事BLOG|大阪・関西で土地活用|起業・大阪同友会

大阪・関西でコインパーキング・トランクルーム等の企画開発をいたします土佐商事の代表BLOGです

できるかどうか分からない。

ゴールデンウィークに突入しております。

昨日は息子(中学二年)のバスケ応援に行かせていただきましたが、今日は朝から施工中現場の確認。午後は月次作業をしております。

少人数・年中無休の会社を経営してる人間に『ゴールデンウィーク』はありません・・・!!!

 

さて月次作業も一段落着いたところで、今月まだブログを3本しか書いていないことに気付いてしまいました。

せっかく毎月4本(以上)ペースを守ってきましたので、ギリギリで気付いて助かりました。

 

 

 

『できるかどうか分からない』

ええ確かに。

便利な言葉ですね。

稀少な真実の言葉とも言えます。

明日のこと。来年のこと。将来のこと。

未来のことは誰にも分かりません。

だから『できるかどうか分からない』

 

しかし何かの目標を持っている人、何かを目指している人はこの言葉を封印せねばならないと思います。

例えば会社で営業目標を発表する時、『来期、営業一課の売上計画は1億円です。でもできるかどうか分かりません』と発言した場合、おそらく上司から叱責されるでしょう。

男性が女性にプロポーズする時、『あなたを必ず幸せにします。絶対に浮気はしません。できるか分からないけど』と言ってしまうと、女性は困惑してしまうでしょう。

 

 

 

未来に起きることなんて『できるかどうか分からない』のは当たり前です。

この言葉は真実であるが故に、便利に使ってはいけない言葉だと思います。

ある目標を持った人はこの言葉を封印し、発言することは勿論、頭の中で考えることもやめるべきです。

そんなこと考える時間があるんだったら、できる方法を考えましょう。それを実践・実行することが目標達成のためにできる唯一のプロセスです。

 

 

 

『100%はありえない』

これも真実の言葉ですが、

『0%もありえない』

 

 

 

つまりその人の夢・目標が叶う可能性は0%ではありません。

可能性を上げて、目標に向かって努力することが人生そのものだと思います。

その結果、『できなかった未来』が訪れてもその人自身はその過程の中で相当パワーアップしてるはずなので、再度同じ目標にチャレンジするもよし、別の目標に向かって頑張るのもアリだと私は思います。

 

どちらにしろ『やる!』って決めて突き進めば色々なことが起きて、必ず自分にプラスになります。『できるかどうか分からない』からと夢や目標を持たない・諦めてしまうのは勿体ないなと私は思います。

 

 

 

【遊休地活用・再生プロデュース】 
 土 佐 商 事 合 同 会 社
 TEL.06-7174-1535
 http://tosashoji.net/
 
 Twitterはじめました☆ 
 https://twitter.com/tosashoji